"買い物の会話"

数値や値段の表現

値段の表現 ~ 店などで支払いをするためにはいくら払わなければならないか確認する必要があります。普段の買い物であれば一から千くらいまで理解できれば一通り用は足りるでしょう。早速練習してみましょう。

じゃあこれは? ある?

じゃあこれは? ある? お店でおめあてのものを見つけて、なんとかそれが欲しい事を店長に伝える事ができました。でも、残念ながら商品は売り切れてしまっていたようです。代わりのものが有るか聞いて見ましょう!!

これさえ言えれば注文できる!? 店長、これください!

店長、これください!を伝えてみましょう。台湾のお店はとにかくメニューが多いです。また、店では好きなものを指定して店員さんに作ってもらうことがあります。それぞれの物の名前がわからなくても大丈夫。指差しながらこう伝えればあなたの好みのものを注文できますよ!!