欲しいものが見つかった!!でもそれ無いよ・・・ごめんね

Share

台湾を旅行する際に簡単な中国語を覚えておけば、現地の人とのコミュニケーションもスムーズになってより一層楽しめるはずです。

前回はお店で何個欲しいか伝える方法を練習しました。

第3回目にお届けするのはこちら

老闆,我要這個。一個。謝謝!!

這個沒有了。不好意思。

Lǎobǎn, wǒ yào zhège yīgè. Xièxiè!!
Zhège méiyǒu bùhǎoyìsi

店長、これちょうだい。一個ね。ありがと!!

これね。無いんだよ。ごめんね。

*PC版だと音声再生ボタンが表示されます。スマホの場合はリンクをクリックしてGoogle翻訳の発音を再生してみてください。

どんな時に使えますか?

店内の模様

早餐店でたくさんあるメニューの中からチャレンジして見たい食べ物を見つけ、なんとか指差しでそれを一個欲しい!と伝えることができました。

でも時には目当ての物が売り切れてなかったりすることもあるでしょう。

きっと老闆はこんな様に言ってくるはずです。

単語の説明

それぞれの単語を少し詳しく説明していきましょう。

這個 (zhège)

これはかなり有用な単語です!!他の単語を喋らなくても指をさしながら這個這個と言えばだいたい欲しいものは手に入ります。

沒有 (méiyǒu)

今回のキーワードです。

存在が無い場合にこう言います。没は日本語でもそれが無い事を示しますね。没個性、没頭、没常識。

不好意思 (bùhǎoyìsi)

ごめんなさいね。と言う意味です。

同じ様な謝る言葉に對不起がありますが、不好意思は相手に直接的な被害や危害を加えてない場合に使われる事が多いと思います。

例えば、手前から歩いてきた人の行く手を遮ってしまった場合は”不好意思”で、その際に相手に接触してしまった場合には”對不起”となります。相手が気分を害している様だったら”對不起”になるかと。

忙しい老闆の場合、”沒有”だけで終わってしまう場合もあるかもしれません。

会話の例

最後に会話例をまとめてみます。どんな返事が返ってくるでしょうか?

自分が欲しい商品を指差しながら言ってみましょう。

中文

あなた:老闆,我要這個。一個!謝謝

老闆:這個沒有了。不好意思

日本語

あなた:店長、これちょうだい。一個!ありがと

老闆:これ無いよ。ごめんね。

せっかく欲しいものを注文したのに残念ながら売り切れてしまっていたとは。ではその場合には他の物なら有るかもしれません。老闆に聞いてみましょうか?

詳細はまた次回に解説しますよ。

Twitterをフォローすれば最新の情報をお届けします

Follow @AsobuTaiwan