これさえ言えれば注文できる!? 店長、これください!

Share

台湾を旅行する際に簡単な中国語を覚えておけば、現地の人とのコミュニケーションもスムーズになってより一層楽しめるはずです。

第1回目にお届けするのはこちら

老闆,我要這個,這個,這個,還有這個。謝謝!! 

(Lǎobǎn, wǒ yào zhège, zhège, zhège, hái yǒu zhège. Xièxiè!!)

店長、これとこれとこれ、あとこれもちょうだい。ありがと!!

*PC版だと音声再生ボタンが表示されます。スマホの場合はリンクをクリックしてGoogle翻訳の発音を再生してみてください。

どんな時に使えますか?

台南金得春捲ではたくさんの材料を巻いてもらえる

台湾のお店はとにかくメニューが多いです。また、店では好きなものを指定して店員さんに作ってもらうことがあります。

それぞれの物の名前がわからなくても大丈夫。指差しながらこう伝えればあなたの好みのものを注文できますよ!!

単語の説明

それぞれの単語を少し詳しく説明していきましょう。

老闆 (lǎobǎn)

店長、上司という意味なのですが、店員さんが一人しかいない場合や個人経営の店では”老闆”。と呼べばだいたい通じます。

まず初めに”老闆”と言うことで、店員さんの注意を引き、自分の注文を聞いてもらいましょう!

我 (wǒ)

私、自分を我と言います。日本語でも自分は我ですね。我が家、我が天下、我が闘争・・・

要 (yào)

これも日本語の漢字の通り。必要です。という意味になります。発音も音読みと似ていますね。

這個 (zhège)

これはかなり有用な単語です!!他の単語を喋らなくても指をさしながら這個這個と言えばだいたい欲しいものは手に入ります。

還有 (hái yǒu)

この単語だけだと”これも有ります”と言う意味です。

色々注文した後、最後に何かを注文したい時に「あ、後それから・・・」というように使うと少し上級者っぽい感じになります。

最後に癖として言うようになっているかもしれません。

謝謝 (Xièxiè)

この言葉は大事ですよ。

お礼の言葉です。何か頼みごとをしたら最後に謝謝と付け加えます。

会話の例

最後に会話例をまとめてみます。どんな返事が返ってくるでしょうか?

自分が欲しい商品を指差しながら言ってみましょう。

中文

あなた:老闆,我要這個,這個,這個,還有這個!!謝謝

老闆:好啊。請等一下喔。

日本語

あなた:店長、これとこれとこれ、後これもちょうだい!!ありがと

老闆:はいよ。ちょっと待ってねー。

多くの店では自分が必要な数を指定しなければならないのですが、一個だけ欲しいのであれば1と指で伝えればなんとかなります。詳細はまた次回に解説しますよ。

Twitterをフォローすれば最新の情報をお届けします

Follow @AsobuTaiwan