食堂で ~ お会計お願いします

Share

台湾を旅行する際に簡単な中国語を覚えておけば、現地の人とのコミュニケーションもスムーズになってより一層楽しめるはずです。

前回はお店で店員さんから相席でもいいか尋ねられたらどうするかを学習しました。

第15回目にお届けするのはこちら

結帳 / 買單

(Jié zhàng/ mǎidān)

お会計お願いします (気分で結帳 / 買單どちらか使い分けます)

*PC版だと音声再生ボタンが表示されます。スマホの場合はリンクをクリックしてGoogle翻訳の発音を再生してみてください。

どんな時に使えますか?

店内は男性率高め?お腹いっぱいになれます

食堂で美味しいものをたくさん食べて、じゃあそろそろお店を出ようかというタイミングで支払いをしなければなりません。

席を立ちながら店員さんに元気よく一声かけましょう!!

単語の説明

それぞれの単語を少し詳しく説明していきましょう。

結帳 (Jié zhàng)

お会計の事です。

ちなみにレジのことは”櫃台(Guìtái)”と言います

買單 (mǎidān)

これもお会計という意味になります。

元々は広東語の埋單から来ているようですね。

会話の例

最後に会話例をまとめてみます。どんな返事が返ってくるでしょうか?

自分が欲しい商品を指差しながら言ってみましょう。

中文

あなた:老闆,買單!

老闆:好啊。你的話。。。80塊

あなた:好。80塊。謝謝!

日本語

あなた:店長、お会計!

老闆:はいよ。あなたは。。。80元。

あなた:はい。80元ね。ごちそうさま!

他にはこんな会話も役立つかもしれません

台湾の食堂では店によって注文時にお会計だったり、店を出る時にお会計だったりというように会計のタイミングがバラバラです。先にお会計なのか聞いてみましょう。

台湾の食堂では先にお会計をすませる店と後からお金を払う店が混ざっています。もし店先に「請先付款」と書かれていたらお会計を先に済ませる店です。小吃店のようにメニューに必要数を書いて注文するタイプの店の場合、注文時に支払いするか、注文品が全て揃った時に支払いをします。お財布を準備して聞いてみましょう!

台湾は屋台や路面店での持ち帰り(テイクアウト)も盛んです。料理を注文する時には店の中で食べるか、持ち帰りかを聞かれる場合があります。

持ち帰り? 中で食べる? テイクアウト文化な台湾の食堂では、店を訪れた時まずはじめに聞かれるのは持ち帰りか中で食べていくかです。店員さんからいきなり声をかけられても慌てず答えられるでしょうか?

お会計お願いします。の前にこれが欲しいですと伝えてみましょう。

店長、これください!を伝えてみましょう。台湾のお店はとにかくメニューが多いです。また、店では好きなものを指定して店員さんに作ってもらうことがあります。それぞれの物の名前がわからなくても大丈夫。指差しながらこう伝えればあなたの好みのものを注文できますよ!!

もっと中国語を勉強したい方のためにお勧め

実際に購入しました。テキストは簡体字で大陸寄りの発音ですが初級から中級までを全てカバーしています。NHKテレビ中国語会話「ときめきの上海」を再構成した内容で、色々安い教材を細々購入するより、この本一冊をガッツリ勉強した方が効果的でした。

台湾華語を学ぶ場合はこのシリーズが良いです。台湾の多くの語学学校や大学の言語中心で使われている教科書なので、もし短期で台湾に留学したときにも同じ教科書が使われている可能性が高いです。テキストは中国語と英語が使用されているので、英語がある程度できる必要があります。

自習する場合は3巻くらいまで終わらせて、あとはニュース記事を読んだり興味のある記事をネットで探して勉強するという方法に切り替えると良いかもしれません。

こちらも台湾華語の教科書シリーズです。このシリーズも語学学校で使われることが多く、以前に一週間の短期で語学学校に通った時は最初のレベル分けテストで第二巻を渡されました。1~6までのレベルがありテキストは中国語と英語で書かれています。

Twitterをフォローすれば最新の情報をお届けします

Follow @AsobuTaiwan