屋台や食堂で聞いてみる〜これ辛い?

Share

台湾を旅行する際に簡単な中国語を覚えておけば、現地の人とのコミュニケーションもスムーズになってより一層楽しめるはずです。

前回はお店で店員の人が辛さを尋ねてくる方法を紹介しました。

第12回目にお届けするのはこちら

老闆,這個辣不辣?

(Lǎobǎn, zhège shì là bù là?)

店長、これ辛い?


*PC版だと音声再生ボタンが表示されます。スマホの場合はリンクをクリックしてGoogle翻訳の発音を再生してみてください。

どんな時に使えますか?

メニュー

台湾のお店はとにかくメニューが多いです。

メニューに辛さが書かれていることも有りますが、何も書かれていない場合は簡単に尋ねることが出来ますよ!

単語の説明

それぞれの単語を少し詳しく説明していきましょう。

老闆 (lǎobǎn)

店長、上司という意味なのですが、店員さんが一人しかいない場合や個人経営の店では”老闆”。と呼べばだいたい通じます。

まず初めに”老闆”と言うことで、店員さんの注意を引き、自分の注文を聞いてもらいましょう!

這個 (zhège)

これはかなり有用な単語です!!他の単語を喋らなくても指をさしながら這個這個と言えばだいたい欲しいものは手に入ります。

是 (shì)

英語だと”is”。AはB。AとBを結びつける時に使います。

我是日本人 (私 = 日本人)

這是日本的餅乾 (これ = 日本のクッキー)

你是好人 (あなた = いい人)

辣不辣 (là bù là)

前回も出てきました。反復疑問文。

否定と肯定を繋げて言う事で疑問文になります。

辣(辛い)と不辣(辛くない)

他にも

  • 甜不甜 (甘い?甘くない?)
  • 苦不苦(苦い?苦くない?)
  • 貴不貴(値段が高い?高くない?)
  • 怕不怕(怖い?怖くない?)

沢山有ります。

会話の例

最後に会話例をまとめてみます。どんな返事が返ってくるでしょうか?

中文

あなた:老闆,這個辣不辣?

老闆:不太辣。

あなた:那,我要這個 / 那,我要一個。

日本語

あなた:店長、これ辛い?

老闆:そんなに辛くないよ。

あなた:じゃあこれ一つちょうだい。

辛さの基準は人それぞれなので、老闆が辛いの好きだった場合は諦めてください。そんなに辛くない(辛くないとは言ってない)。

Twitterをフォローすれば最新の情報をお届けします

Follow @AsobuTaiwan