いくつ欲しいか伝えよう

Share

台湾を旅行する際に簡単な中国語を覚えておけば、現地の人とのコミュニケーションもスムーズになってより一層楽しめるはずです。

前回はお店で何を欲しいか伝える方法を練習しました。

第2回目にお届けするのはこちら

你要幾個?

我要一個!

(Nǐ yào jǐ ge? Wǒ yào yīge!)

何個必要なの? 一個ください

*PC版だと音声再生ボタンが表示されます。スマホの場合はリンクをクリックしてGoogle翻訳の発音を再生してみてください。

GoogleでPinyinを自動変換した場合、幾個(Jǐ gè)の個が4声として表示されますが、実際には軽声(Jǐ ge)になります。

どんな時に使えますか?

お店やレストランで注文する際には注文するものを指差しながら”我要這個”と言えば、何を買いたいのか伝える事ができます。

でも、きっと老闆(店主)はそれを何個欲しいか聞いてくることでしょう。

単語の説明

それぞれの単語を少し詳しく説明していきましょう。

你 (nǐ)

あなた。と言う意味になります。

男性でも女性でも発音は一緒です。敬称だと您(nǐn)になります。

書く場合には男性=你、女性=妳と使い分ける場合もあります。

要 (yào)

これも日本語の漢字の通り。必要です。という意味になります。発音も音読みと似ていますね。

幾個 (jǐ ge)

幾つ。何個。

日本語と共通していますね。

何個か伝える

ここが今回の重要ポイント。

日本語だと、一個、二個、三個・・・

でも中国語で個数を伝える場合は二個ではなく兩個になります。

一個,兩個,三個,四個,五個,六個,七個,八個,九個,十個

(Yīge, liǎng ge, sān ge, sì ge, wǔ ge, liù ge, qī ge, bā ge, jiǔ ge, shí ge)

日本語と同じように数量詞(Quantifier)はたくさんあるのですが、とりあえず今のところは”個”だけにしておきましょう。

“個”の発音について

GoogleでPinyinを自動変換した場合、個(gè)の個が4声として表示されますが、実際には軽声(Jǐ ge)になります。

個(gè)の発音変化は実はいくつかパターンがあるのですが、ひとまずこう覚えておけばなんとかなります。(詳しく知りたい方は台湾国家教育研究院の辞書に発音が載っています)

  • 個人(Gèrén)
  • 一個(Yīge)

使っているうちに自然に使い分けられるようになってきます。慣れです。

会話の例

最後に会話例をまとめてみます。どんな返事が返ってくるでしょうか?

自分が欲しい商品を指差しながら言ってみましょう。

中文

あなた:老闆,我要這個。

老闆:你要幾個?

あなた:我要一個。謝謝。

老闆:好啊。請等一下喔。

日本語

あなた:店長、これください。

老闆:いくつ欲しいの?

あなた:一個欲しいです。ありがとう。

老闆:はいよ。ちょっと待ってねー。

欲しいものを伝えられて、さらに数を指定することができればもう買い物し放題です。

でも待ってください! もしかしたら老闆は他のことを言ってくるかもしれません。それはまた次回に。

Twitterをフォローすれば最新の情報をお届けします

Follow @AsobuTaiwan