値段を聞いてみよう〜店長、これいくら?

Share

台湾を旅行する際に簡単な中国語を覚えておけば、現地の人とのコミュニケーションもスムーズになってより一層楽しめるはずです。

前回は注文したものが無かった場合の会話をお伝えしました。

第5回目にお届けするのはこちら

老闆,多少錢?

Lǎobǎn, duōshǎo qián?

店長、いくら?

*PC版だと音声再生ボタンが表示されます。スマホの場合はリンクをクリックしてGoogle翻訳の発音を再生してみてください。

どんな時に使えますか?

台南金得春捲ではたくさんの材料を巻いてもらえる

商品の注文が無事終わり、次にすることと言えば支払いです。

初めは相手が幾らと言っているかわからないでしょうから、あらかじめ幾ら位になるか頭の中で計算しておいたとしても、相手に「支払いをしますよ」という気持ちを伝えるために「これいくら?」と聞いてみましょう。

単語の説明

それぞれの単語を少し詳しく説明していきましょう。

老闆 (lǎobǎn)

店長、上司という意味なのですが、店員さんが一人しかいない場合や個人経営の店では”老闆”。と呼べばだいたい通じます。

まず初めに”老闆”と言うことで、店員さんの注意を引き、自分の話を聞いてもらいましょう!

多少(duōshǎo)

どれだけ、どれくらい。物や金額の量を確認するば良いに使います。

多いか少ないか?

錢 (qián)

ゼニですね。銭。お金のことです。

会話の例

最後に会話例をまとめてみます。どんな返事が返ってくるでしょうか?

最初はどんな返事が来ているかわからないかもしれませんが、そのうち幾らなのか聞き取れるようになりますよ。

中文

あなた:那,這個呢?有沒有?

老闆:這個有。你要幾個?

あなた:我要一個。謝謝!!

あなた:老闆,多少錢?

老闆:45塊。

日本語

あなた:じゃあ、これは?有る?

老闆:それは有るよ。幾つ要るの?

あなた:これ一個ちょうだい。ありがとう!!

あなた:店長、いくら?

老闆:45元

いくらか聞き取れなくても大丈夫です。店長は「こいつ理解できてないな?」と思ったら、4と5のジェスチャーで教えてくれるはずです。

中国語の会話中でのお金の単位は”塊”だったり”元”だったりします。口語だと”塊”が多いです。

次回は金額について詳しく解説してみたいと思います。

Twitterをフォローすれば最新の情報をお届けします

Follow @AsobuTaiwan