台湾で運転するために必要な運転免許証の中国語翻訳を申請する方法

Share

日本国外で自動車を運転するためには国際運転免許証というものがあります。

国際運転免許証は日本が加盟している道路交通に関するジュネーブ条約に基づいて、条約加盟している国で運転ができるようにするものです。

台湾では国際運転免許証が使えない!

しかし、台湾はジュネーブ条約に加盟していないので、この国際運転免許証を使うことはできません。

これでは不便なことが多いので、日本と台湾では取り決めによりお互いの国の運転免許証を使用することができることになっています。

でも日本の運転免許証をそのまま台湾に持って行って「運転させてください」と行ってもダメなんです。

指定された機関、もしくは団体が発行する運転免許の中国語翻訳が必要となります。

どこで運転免許証の中国語翻訳をしてもらうか?

ではどこで日本の運転免許証の中国語翻訳をしてもらえば良いのでしょうか?

日本国内では一般社団法人日本自動車連盟(JAF)がその翻訳を行う機関に指定されています。

申請方法等の詳細は、JAFの台湾で自動車を運転される方へのページに詳しく書かれています。

基本的にJAFの窓口へ行って申請することとなっていますが、窓口へ行く暇がない場合には郵送での申請も受け付けています。

郵送で運転免許証の中国語翻訳を依頼してみた

JAFの”台湾で自動車を運転される方へ”によると

郵送により申請手続きを行うことができます。上記申請書および運転免許証のコピー(表・裏両面とも、なるべくカラーで鮮明なコピーをご用意ください)に発行料金【3,394円】と返送料(手数料を含む)【500円】を添えて現金書留でお送りください。
※二つ以上の免許証を翻訳依頼する場合の返送料については、同一住所宛に翻訳文を複数枚送付する場合は、2通までは500円、3通以上は600円となります。
なお、郵送でお申込いただいた場合は申請書に記載されたご住所へお送りいたしますが、お申し込みいただいてからお届けするまで通常1~2週間程度かかります。
※海外からの申請・送金および海外への送付はお受けしておりませんので、ご注意ください。

ということなので郵送で申請してみました。

準備したのは

  1. 中国語翻訳文発行申請書 (JAFのページからPDFダウンロード)
  2. 免許証のカラーコピー両面
  3. 発行料金 3,394円 + 返送料 500円 = 3,894円
  4. 現金書留封筒

申請書の記入をして必要な物を全て現金書留の封筒に入れ、郵便局から発送しました。

簡易書留は廃止されてしまっていて、配達記録では現金を送ることが出来ないので現金書留を使います。

運転免許証の中国語翻訳が到着

およそ二週間後、運転免許証の中国語翻訳が到着しました。

日本で取得済みの運転免許種別が台湾国内で運転できる車両の種類に翻訳されています。

この翻訳と日本の運転免許証を携帯して入れば、台湾入国後に一年間だけ台湾で運転することが出来ます。一年以上運転する必要がある場合は台湾で運転免許が無試験で発行されるようです。詳しくは日台交流協会の運転免許証に関する解説を見てください。