あの人と同じのください!

Share

台湾を旅行する際に簡単な中国語を覚えておけば、現地の人とのコミュニケーションもスムーズになってより一層楽しめるはずです。

前回はお店でお勧めを聞く方法を練習しました。

第10回目にお届けするのはこちら

老闆,我要跟他一樣的。


(Wǒ yào gēn tā yīyàng de)

店長、あの人と同じの下さい

*PC版だと音声再生ボタンが表示されます。スマホの場合はリンクをクリックしてGoogle翻訳の発音を再生してみてください。

どんな時に使えますか?

六千牛肉湯外観

何やら良さそうな食堂をを発見しました。でもメニューを見てもいまいち食べ物のイメージが湧きません。

そんな時、誰かが美味しそうなものを食べていました。なんていう物かわからないけれどあれが食べたい。あの人の食べてるのと同じものが欲しい!!

単語の説明

それぞれの単語を少し詳しく説明していきましょう。

老闆 (lǎobǎn)

店長、上司という意味なのですが、店員さんが一人しかいない場合や個人経営の店では”老闆”。と呼べばだいたい通じます。

まず初めに”老闆”と言うことで、店員さんの注意を引き、自分の注文を聞いてもらいましょう!

我 (wǒ)

私、自分を我と言います。日本語でも自分は我ですね。我が家、我が天下、我が闘争・・・

要 (yào)

これも日本語の漢字の通り。必要です。という意味になります。発音も音読みと似ていますね。

要ります。要ります。

跟 (gēn)

XXと。AとBをつなげる時に使います。

  • 我跟他去 ・・・私と彼は行く
  • 我跟你說了・・・私はあなたに話した

他 (tā)

中国語で彼、彼女、物質、動物などの代名詞は全て”tā”と発音します。

  • 他・・・彼
  • 她・・・彼女
  • 它・・・物

英語のようにShe/He/Itというように使い分けなくて良いんです。簡単ですね。

じゃあ彼ら彼女ら、私たちはどう言うのか?

  • 我們・・・私たち(話に加わってない人も含む)
  • 咱們・・・私たち(話に加わっている人を含む)
  • 他們・・・彼ら
  • 她們・・・彼女ら
  • 它們・・・会社等

們をつければ良いんです。咱們は少し特殊ですね。

一樣 (yīyàng)

漢字だけでなんとなくわかりませんか。一様な、一緒。

会話の例

最後に会話例をまとめてみます。どんな返事が返ってくるでしょうか?

あの人の食べているものを指差しながら言ってみましょう。

中文

看起來他吃的菜好吃。

老闆:你要什麼?

あなた:老闆,我要跟他一樣的!!謝謝

老闆:牛肉湯嗎?好啊。請等一下喔。

日本語

あの人の食べてる料理美味しそうだな

老闆:なに欲しいの?

あなた:店長、あの人と同じのちょうだい!!ありがと

老闆:牛肉湯かい? はいよ。ちょっと待ってねー。

これであの人と同じものを食べることができます。

次回は台湾の店でよくある味の調整について解説します。

Twitterをフォローすれば最新の情報をお届けします

Follow @AsobuTaiwan