台湾の郵便局には時間外窓口が無い!!ではどうする?~郵政代辦所

Share

台湾にも郵便局があり、郵便物を出したり切手を購入することができます。

ただし、台湾の郵便局には24時間営業している夜間時間外窓口がありません!!しかも、週末はほとんどの郵便窓口が休みになってしまいます。

台湾郵便の窓口案内で検索するとわかるのですが、大きめな郵便局や人通りが多い場所に有る郵便局が土曜日の午前中に営業しているだけです。

週末や夜間に郵便物を出したくなった場合どうする!?

日本のように24時間営業している郵便窓口がない台湾、郵便局が時間外の場合にはどうすれば郵便物を差し出すことができるのでしょうか?

郵政代辦所(Yóuzhèng dàibàn suǒ)”という郵便業務の代理窓口が書店や一部のコンビニチェーン美廉社 Simple Mart に設置されていて、郵便物の差し出しや切手ハガキ類の販売を行なってくれます。

台湾の郵便局のページで郵政代辦所を検索すると、かなり多くの代辦所が存在しています。

営業時間は代辦所が設置されている場所によって異なるのですが、コンビニ美廉社では24時間受付、書店では書店の営業時間(夜22:00くらい)となっています。

郵政代辦所で荷物を出してみる

夜間に郵便荷物を出す必要があったので、郵政代辦所に行って手続きして見ました。

今回利用した郵政代辦所はMRT台北小巨蛋站近くにある”臺北南京東路第59代辦所”。書田文化廣場 寧安店という本屋さんの中にありました。

付近には冠京華という美味しいレストランがあるので行ったことのある方も多いかもしれません。

営業時間は朝9:30から夜10:00まで。CD/DVDに上書きされた3C/電脳周辺が歴史を感じさせます。

店舗は地下にあるので階段を下っていきます。

ごく普通の書店にあるレジカウンターが郵政代辦所になっていました。

“結帳局:レジ”と共に吊るされた”郵局:郵便局”の看板が目印です。

小包の伝票を書いて・・・

重さを測ってもらい料金を支払います。

時間外に郵便物を出せるが注意事項も

郵政代辦所では時間外に郵便物を出したり、ハガキ・切手類を購入することができますが、注意しなければならないことがあります。

それは、代辦所から郵便物が回収されるのは郵便局がやっている時だけ。

つまり、土曜の夜間に郵便物や荷物を出したとしても、郵便局に回収されるのは次の郵便局の営業日(例えば月曜日)になるということ。

どうしても急いで荷物を出さなきゃ!!という場合は、コンビニ等から宅配便業者を使用することをお勧めします。

お店情報:

臺北南京東路第59代辦所 (書田文化廣場 寧安店) ~ 代理郵便局

住所:南京東路4段137號地下室

HP/FB:なし

電話:02 8712 0601

営業時間:9:30 ~ 22:00 (ほぼ年中無休)

日本語対応:不可

郵政代辦所はこちらから検索することができます。