蛋黃哥!蛋黃哥!ぐでたまジェットに偶然搭乗

Share

安く台湾に行くためにSkyScannerを使って見つけた成田 – 桃園のEVA Air (長榮航空)のチケット。成田発だと台湾へ就航しているLCCが多いせいか、China Airline (中華航空)やEVA Airも羽田発より少し安くなることが多いです。

予約した時はA321という少し小型の飛行機で座席モニターが無く、少し残念な気がしていたのですが、予想はいい意味で裏切られました。

使用された機材はぐでたまジェット。EVA Airはサンリオと提携してサンリオキャラクターを使用した特別仕様機を多数飛ばしています。羽田からだとキティジェットに乗ることが多いですね。しかも、ハローキティジェット専用ページまで用意して気合いが入っています。

ぐでたまジェット就航のニュースがリリースされるとともに座席はすべて売り切れたとか。台湾ではぐでたまは”蛋黃哥(黄身兄貴)”と呼ばれているそうです。個人的にはぐでたまにあまり思い入れはないのですが、特別企画は楽しいです。

ぐでたまジェットの中身はこうなっていた!

搭乗時間になり機内に入ってみると・・・

見事にぐでたま一色。

座席も

枕も

安全のしおり、飲み物メニュー、汚物袋まで蛋黃哥で統一。マニアにはたまらないでしょう。

機内食までこだわりのぐでたま

そして機内食も蛋黃哥主題(ぐでたまがテーマ)の機内食と普通の機内食が用意され徹底されています。普通の機内食がなぜ用意されているかは後々わかるのですが、ここはもちろんぐでたまテーマの機内食をお願いします。

ナイフ、フォーク類は言うに及ばず、ナフキン、歯間ブラシまでぐでたま。EVAのこだわりが感じられます。

機内食の下に敷かれたランチョンマット?の柄はもちろんぐでたま。

そしてこれが蛋黃哥主題飛機餐。真ん中の黄色い塊とベーコンがぐでたまらしいです。言われればそれらしい。デザートも黄身をイメージさせる黄桃ゼリー。

肝心のお味は。。。うん。機内食の朝食。もっというと完食できないお味。機内食までは予算が回らなかったのでしょうか。

機内食を除けば、全くのファンで無くてもかなり満足度が高い内容だと思います。追加料金なしでここまで楽しめるとはEVA Air素晴らしいです。売り切れでもらえなかったのですが、機内で無料配布しているトランプもぐでたま模様らしいです。