食堂で ~ 先にお会計ですか?

Share

台湾を旅行する際に簡単な中国語を覚えておけば、現地の人とのコミュニケーションもスムーズになってより一層楽しめるはずです。

前回はお会計をお願いする方法を学習しました。

食堂や物を買うときに使えそうな単語。「お会計お願いします」を中国語で言えるようになればきっと便利になるはずです。

第16回目にお届けするのはこちら

要先付錢嗎?

(Yào xiān fù qián ma?)

先に支払いが必要ですか?

*PC版だと音声再生ボタンが表示されます。スマホの場合はリンクをクリックしてGoogle翻訳の発音を再生してみてください。

どんな時に使えますか?

台湾では、先にお会計をすませる店と後からお金を払う店が混ざっています。もし店先に「請先付款 (Qǐng xiān fùkuǎn)」と書かれていたらお会計を先に済ませる店です。レストランやちょっと高級な店では日本と同じように後から会計をします。

小吃店のようにメニューに必要数を書いて注文するタイプの店の場合、注文時に支払いするか、注文品が全て揃った時に支払いをします。お財布を準備して聞いてみましょう!

単語の説明

それぞれの単語を少し詳しく説明していきましょう。

要先(Yào xiān?)

先に必要と言う意味です。漢字のままですね。

付錢(fù qián)

支払いの意味になります。

会話の例

パターン1:注文時に支払うお店の場合

中文

あなた:(注文票を持って) 老闆,要先付錢嗎?

老闆:對。100元。

あなた:好。100塊。

日本語訳

あなた:(注文票を持って) 店長、先にお会計?

老闆:ええ。100元です。

あなた:はい100元。

パターン2:料理が全て揃った時に支払うお店の場合

中文

あなた:(注文票を持って) 老闆,要先付錢嗎?

老闆:等一下。菜來了再付錢。

あなた:好。

日本語訳

あなた:(注文票を持って) 店長、先にお会計?

老闆:ちょっと待って。料理が揃ってから支払いね。

あなた:はーい。