食堂で聞かれるかも〜相席でも良い?

Share

台湾を旅行する際に簡単な中国語を覚えておけば、現地の人とのコミュニケーションもスムーズになってより一層楽しめるはずです。

前回は食堂で相席しても良いか聞く方法を練習しました。

第14回目にお届けするのはこちら

併桌可以嗎?


(Bìng zhuō kěyǐ ma?)

相席でも良い?

*PC版だと音声再生ボタンが表示されます。スマホの場合はリンクをクリックしてGoogle翻訳の発音を再生してみてください。

どんな時に使えますか?

店内は男性率高め?お腹いっぱいになれます

台湾の食堂は狭い店が多く相席が通常です。全く知らない人通しが普通に膝を突き合わせて食べるのが台湾スタイル。時には店に入った時に店員さんが気を利かせて「相席でも良い?」と聞いてくるかもしれません。

単語の説明

それぞれの単語を少し詳しく説明していきましょう。

併桌 (Bìng zhuō)

机を並べるという漢字に読めるのですが、席に他人と並ぶのはあなたです。相席の意味になります。

可以嗎? (kěyǐ ma?)

良いですか?という意味になります。

可以は良いです・OKです。疑問文にするため嗎?を追加します。

嗎?は便利です。簡単になんでも疑問文にできます。

  • 真的 (本当です)《-》真的嗎?(本当ですか?)
  • 好吃 (美味しいです)《-》好吃嗎?(美味しいですか?)
  • 便宜 (安いです)《-》便宜嗎?(安いですか?)
  • 熱(熱い) 《-》熱嗎?(熱いですか?)

会話の例

最後に会話例をまとめてみます。どんな返事が返ってくるでしょうか?

店に入ったらどんな質問が待っているでしょう?

中文

老闆:幾位?

あなた:兩個人。

老闆:併桌可以嗎?

あなた:可以啊。

日本語

老闆:何名様?

あなた:二人

老闆:相席でも良い?

あなた:良いよ〜

何名で来店したか老闆が尋ねる方法は以前解説しています。

これでローカル食堂に入って、老闆に相席でも良いか尋ねられても迷うことなし!

Twitterをフォローすれば最新の情報をお届けします

Follow @AsobuTaiwan