舊振南漢餅文化館で太陽餅作りに挑戦

Share

中華式の焼き菓子(漢式糕點)を作り続けて120年以上という老舗、舊振南と言う会社が高雄にあります。

その舊振南が自社の広報用文化館で手作り漢式糕點教室を開催していると聞いて、太陽餅教室を申し込んで体験してみる事にしました。

太陽餅教室までの道

太陽餅とは?

太陽餅は台中の有名なお菓子で、クロワッサンのように何層かの生地が甘いヌガーのような生地に包まれています。作り方としては生地を何回か折り畳み、伸ばし、最後に餡を大福のように包んだ後に平らに整形し焼き上げます。

香港の老婆餅に少し似ているかもしれません。日本のうすあわせの親戚的な?(ちょっと違うかも。)

チャットで聞いてみる

まず、舊振南のFBページのチャットから開始時刻等、料金やどんな内容なのか?といった話を聞いてみます。

舊振南漢餅文化館Jiu Zhen Nan Han Pastry House、高雄市 - 「いいね!」2,323件 · 198人が話題にしています · 2,155人がチェックインしました - 「舊振南漢餅文化館」是傳承漢餅與飲食文化的體驗空間,不僅可以親手體驗手作漢餅的樂趣,還可在漢餅房享用口味多變的精緻漢餅,透過五感體...

チャットの結果によると、コースは1時間半ほど。パイナップルケーキか太陽餅、綠豆椪の3つのコースがあり、チャットで予約可能。太陽餅教室の料金は一人550元で支払いは現地でOKとの事。日本語は無理ですが、先生は英語ができますとのことです。

チャットで予約する以外にもACCUPASSという予約サイトから予約することもできるようです。

Looking for a professional online event registration and ticket selling platform ? Accupass will help you with our online registration system and express your e...

以前台北でパイナップルケーキ作りをしたことがあるので、今回は太陽餅コースを予約しました。

大寮に有る舊振南漢餅文化館を目指す

舊振南漢餅文化館は高雄の大寮にあります。捷運(MRT)を使うのが一番便利ですが、大寮は高雄の東の端。捷運オレンジ線の終点にあります。市中心からは少し遠いです。捷運の車両工場も有るのですが、特にこちらでは見学とかはやっていないようです。残念。

大寮駅から捷運車両工場を眺める

舊振南漢餅文化館は大寮駅の真横。結婚式やパーティー用のどでかいレストランの隣に建っています。

この巨大レストラン横を通り過ぎしばらく歩くと到着・・・なんかおしゃれな建物。

台湾の警察テレビドラマに出てきた黑道の邸宅のようだと思いつつ入り口についてみると。

ドアの取っ手が喜餅の型になってます。

喜餅とは台湾および中華圏の結婚式に欠かすことができないお菓子で、簡単にいってしまうと大きな月餅みたいなものです。結婚式の参加者や親戚に配るのが伝統で、その喜餅はこのような木の型に押し込んで形を作るそうです。しかしでかい。

喜餅の例

舊振南漢餅文化館の中に入って、カウンターの人に「太陽餅手作り教室にきたんですけどー」と尋ねたら、もうすぐ始まるからちょっと待っててねー。と受付完了。試食なんかさせてもらってしばらく待ちます。

舊振南の高級そうなお菓子を食べつつ待つことしばし・・・

太陽餅教室開始

時間になったら係りの人が来て教室まで案内してくれます。

中華モダンなキッチン

真新しく清潔でなかなか素敵な料理教室です。

ロッカーが有るので荷物を預けます。指輪をしている人は外しましょう。

よく手を洗います。今回作るのは焼き菓子ですけどやっぱり衛生大事。

今回のレシピ

今回の材料はこんな感じらしいです。作業台にはすでに規定の分量に量った材料と必要な器具が準備されています。伝統的な太陽餅は豚の油を使うのですが、現在は澄ましバター(Clarified butter / 無水奶油)を使用しています。豚油のコクが好きという人は豚油を使っても良いそうです。

今回はこれで4個分の太陽餅になります

初回成功率はなんと40%!!

先生の話によると、太陽餅は作るのが難しく初挑戦での成功率は40%ほど。そんなに難しいんですか!?と参加者に緊張が走ります。でも失敗しても食べられるので安心してください。

先生がお手本を見せながら説明してくれるのでその通りに進めていきます。先生は簡単そうにやっていくのですが、これがなかなか上手く出来ない部分があったり。

基本的には準備された材料を順番に混ぜてこねて形を作って・・・という感じになります。

シャープのスチームオーブンを使っていたので日本語が

なんとなく良い感じに仕上がったんでは? なんだ楽勝。と思いつつオーブンの中へ。

焼き上がりまで館内を見学

オーブンに入れた後は220度で20分ほど待ちます。その間、館内の展示物の説明やお茶を飲んで過ごします。

館内には様々な喜餅や餅の型だったり。

台湾の結婚式で使用される引き出物セットの展示や、

訂婚(結納的な儀式で、最近は訂婚後に披露宴という感じが多い)の時に花嫁が座る椅子とかが展示されています。

いよいよ焼き上がり

焼きあがったようなので再度キッチンに行ってみましょう。あたりには甘い美味しい匂いが漂ってます。早く食べたい!

真ん中の餡が出て焼けて固くなってしまってます

あれ?見たことのある太陽餅とは何か違います。太陽餅はサクサクの生地で覆われていて、中心部分にしっとり柔らかなキャラメルのような餡が入っていたはず。

どうやら包む時に餡が偏り、生地が薄くなってそこから餡が溶け出し焼き固められてしまったようです。これが先生の言った成功率40%の恐ろしさ。

先生のお手本は綺麗に焼けている

先生が作ったものは餡が生地にしっかり包まれて綺麗な焼けあがりです。

切った断面もこの通り。中心部分に柔らかい餡が入って、上下にサクサクの生地がちゃんとかかっています。さすが先生。

上側の生地が薄すぎて餡が焦げてしまう

対して私が作った太陽餅はと言えば、餡を生地で包んだ時に上側の生地が薄すぎたため、中の餡が熱で溶け出し焦げてしまっています。

ま、これはこれで美味しいので良いのです。失敗しても食べられるので安心してください。

持ち帰りの箱を用意してくれるので、ビニール袋に包んで持ち帰りましょう。保存剤や専門の設備で包装しないので、今回作った太陽餅の賞味期限は2日間だけです。美味しいのでサクッと全部食べてしまえます。

お店情報:

店名:舊振南漢餅文化館

住所:高雄市大寮區捷西路298號

HP/FB:HPあり/ FBあり

電話:+886 7 701 8986

営業時間:10:00 ~ 18:00 年中無休 (年末年始、春節期間除く)

日本語対応:不可