蘆洲にある珍しいさつまいも専門店の焼き芋 ~ 和家地瓜

Share

台湾では街中で多くの焼き芋屋台を見かけることができます。

家庭に問題を抱えたシングルマザーを助けるために焼き芋屋台を出して生計を立てる団体があったり、菜市場の中でリヤカーに焼き芋の釜を積んで行商しているおじいさんがいたり。

そして、台湾のさつまいもは安納芋のように甘みが強く、ねっとりとした食感のさつまいもが多く、最高の焼き芋を手軽に食べることができます。

ちょくちょく焼き芋を売っている場所を見かける台湾ですが、なかなか無いのが店を構えている焼き芋店。屋台では無く年中焼き芋を売っているようです。

空中大學前のさつまいも芋専門店

新北の蘆洲には空中大學(放送大学)があります。大学名を見たときには航空関係の大学かと思ったのですが、話を聞いてみると放送大学の事を空中大学と言うようです。

その空中大学前に今回ご紹介する和家地瓜はあります。

提灯に書かれた和家地瓜の店名

MRTの蘆洲駅と三民高中駅から同じくらい離れた場所に空中大学はあります。たどり着くにはバスに乗るかかなり歩かなければなりません。

各種さつまいもが売られている

店の前にはさつまいもの各種品種が無造作に袋に入れられ売られています。これを買っていけば家でもさつまいもを作り放題。

さつまいも周辺の製品も売っているようです。

さつまいも周辺物品(木炭とか)も同時に売っているので、ここで仕入れて焼き芋屋台を出すことができます!!

焼き芋釜に並べられた芋。中央には炭

「老闆。そんなに大きなのはいらないので焼き芋ください。」

「そうか、どれが欲しいんだい?今の所2種類あるけど。」

ちょっと焼き芋釜の中を覗かせてもらいました。

大きな壺の中心に炭が起こされていて、周囲にずらりとさつまいもが並んでいます。老闆に聞いたら釜に入れたさつまいもは1時間ほどで焼きあがるそうです。

1時間かけて炭火の窯で焼かれたさつまいも。想像するだけでよだれが出そう。

手頃なサイズの焼き芋をゲット

皮まで食べられるよ。皮も香ばしくて美味しく、中はしっとり最高の焼き芋

皆さんは焼き芋の皮は食べますか? 皮が好きでは無い人が多いのですが、個人的には香ばしくて大好きです。

そんな皮好きに老闆が嬉しいお言葉。「うちの焼き芋は皮ごと食べちゃって。美味しいよ!」

ではいただきまーす。

確かに皮は香ばしく美味しい。肝心の中身もしっとりねっとりとした食感で甘みたっぷり。うまいです。品種を聞き忘れましたがこれは機会があったらもう一度食べたい。

街中で焼き芋屋台を見かけたらぜひ試して見てください。

お店情報:

和家地瓜

住所:台灣新北市蘆洲區中原里

HP/FB:なし

電話:不明

営業時間:不明

日本語対応:不可