台湾の飲料シリーズ(2) ~ 黑松汽水C&C Lemon

Share

外国に旅行する楽しみの一つといえば、日本には無い食べ物や飲み物との出会いでしょう。台湾は飲料天国といっても良いほど様々な飲み物にあふれています。

旅先で出会った飲み物を紹介していきます。

シリーズ第二弾は”黑松汽水C&C Lemon”です。

1. パッケージ

こ、これは。サントリー○.○.レモン!?

2回目にしていきなりパチモン臭い商品。Wikipedia によれば以前はサントリーと提携してC.C.レモン等を生産していたものの、現在は提携解消したそうです。

2007年 台湾「サントリー」と製造販売契約。「C.C.レモン」、「DAKARA」、「なっちゃん」の製造と販売。(2015年に提携解消)

Wikipedia 黑松(企業)より

提携解消したものの、売り上げはキープしたいので似たような製品を作って売っているということで、似たような話ではヤマザキナビスコが提携を解消して、独自にオレオに似たような製品を売っています。

2013年に台湾を旅行した際に自動販売機を撮影していて、その中に写っていた缶を確認したところ”C.C. Lemon”になってました。

2. 味

C.Cレモンに似たような。少し酸味が少なめで甘さ多めな味。見た目もC.C.レモンです。

3. オススメ度

★★★☆☆(5点満点中3点)

C.C.レモンの味なので特に台湾らしさは無いです。

4. 入手場所

コンビニ、自販機、スーパー、空港、どこでも入手できます。

黑松汽水の製品紹介ページ