機内食シリーズ : 桃園~成田 デルタ航空 DL68 中華風なすと鶏の煮込み

Share

飛行機に乗った時のお楽しみといえば映画と機内食。

最近の機内食はコスト削減によってお味がイマイチなものも有るそうですが、出されたものはなんとか食べてみるべき。

今回の機内食シリーズはデルタ航空の桃園~成田線。DL69の東京への復路便です。デルタは以遠権を使って成田から桃園への路線を運行していたのですが、2017/05に運行休止してしまいました。

2017/03 デルタ航空 DL68 11:00 桃園 ~ 成田

成田行デルタのDL68便は 11:00に桃園を出発する便でした。

この時間だと朝ごはんを食べてもう空港に向かわなければならないので、短期間の旅行には少し使いにくい時間かもしれません。でも下手なLCCより安くチケットを買うことができました。

ターミナル間のスカイトレイン

少し早く空港にたどり着いたのでターミナル間を結ぶスカイトレインに乗ってみました。

桃園空港にはターミナルが2つあり、各ターミナルは口の字に接続されているので、歩いて一周することができます。

とはいえ、巨大な空港。いくら歩けると言ってもそれなりの距離があるのでスカイトレインという無人列車が無料でターミナル間を結んでいます。

それほど利用者がいないのか、スカイトレインへ向かう通路はところどころ明かりが消えていて少し怖いです。

本当にここは通っても良いのだろうか?と思いつつも通り抜けることができました。

ユナイテッドの747とデルタの767

ちょうどユナイテッドのB747-400が滑走路に向かってタキシングしていきました。747が引退する前にもう一度乗ってみたいです。今なら747-8も良いかも。

今回乗る飛行機は往路に乗った飛行機と同じB767でした。ウィングレットがつくと雰囲気が変わって少しかっこいいです。

今回の機内食

スナックと飲み物のサービスに続いて配られた機内食がこちら。

  • 中華風なすと鶏の中華風煮込み
  • ごはん
  • 温野菜
  • サラダ
  • パン
  • パウンドケーキ

若干炭水化物成分が多めな気もしますが、これぞエコノミーの機内食という王道感が漂う機内食です。

サラダからいただき、メインをパクリ。

濃い目の味付けがご飯にも、さらにバターをたっぷり塗ったパンにもよく合います。これはうまい。カロリーさえ気にしなければ。台湾で作られた台湾な味付け。

チケットの値段は機内食、預け荷物がついて激安の29,920円。デルタさん台湾路線に帰ってきて!