台北地下街でなら中華電信SIMのチャージカードが安く買えます!

Share

中華電信のプリペイドSIMカードは使い終わった後にでもチャージする事で使い続ける事ができます。

チャージの方法はいくつか有るのですが、最も安価にチャージできるのはチャージカードを安く売っている店で購入してチャージする方法です。

1. はじめに

中華電信のプリペイドSIMのチャージ金額が少なくなってきたので、台北駅地下街でチャージカードを購入してプリペイドSIMアプリからチャージしてみました。
プリペイド金額のチャージはネット経由でも可能ですが、チャージカードを購入すればオマケ額と値引きがあるので、現地に行くことができればこれが最安値のチャージ方法だと思われます。

2. 中華電信プリペイドSIMのチャージカードを安く入手できる場所

コンビニや中華電信の支店、ネット経由でチャージカードの購入やチャージができるようですが、今回は台北駅地下街のインドネシア商店INDEXにてチャージカードを購入。

300元に80元のオマケがついて、さらに売値は少し値引きされて285か290元くらいでした。

台北駅地下街のY4出口近くに有るこの店。インドネシア雑貨用品屋。台湾にはメイドさんとしてインドネシアやフィリピン、ベトナム等から出稼ぎの人が来ているので、最近は東南アジア系の雑貨や食品を扱う店が増えてきているような。
中華電信のチャージカードだけでなくその他の各種電話会社のカードも置いてあります。

3. 中華電信アプリでのチャージ方法

チャージカードまで購入してしまえばあとは自分のSIMに購入金額をチャージすれば良いだけ。
電話をかけてチャージする方法もありますが、ちょっと手間取る場合も。中華電信のアプリを使えば簡単にチャージできます。

チャージアプリを使えば以下の簡単な操作でチャージが可能です。

3-1. アプリを開き”儲值(チャージ)”を選択

3-2. 儲值卡儲值(チャージカードでのチャージ)を選択

3-3. チャージカードの裏面右下にあるスクラッチを削って出てくる番号を入力

 チャージカードの裏面にスクラッチ部分があり、この部分を削るとチャージ用の数字が出てきます。この数字をアプリから入力すればチャージ完了!

3-4. 儲值成功と表示されればチャージ完了
成功したかどうかは、電話番号の情報を表示することでも確認できます。チャージが正常に完了していれば、チャージ額が増額され、電話番号の有効期限も半年間延長さあれているはず。