ANA で危うくボードチャージ詐欺に遭いそうになった件

Share

2016年のゴールデンウィーク台湾にサーフィンをしに行った時、危うくANAの地上係員に騙されてボードチャージを払わされそうになった件。
後で別の人に聞いたら、結構そういうことがあるそうで。

まず、ANAの国際線でサーフボードを運ぶ場合、

スポーツ用品

スキー板・サーフボード・ゴルフバッグ・釣り道具・ダイビング機材などは、通常の手荷物と同様にお預かりします(機種によっては搭載スペース上お預かりできない場合もございます)。その他のお預かり手荷物との合計重量が20kgを超え100kgまでの場合は、重量超過手荷物料金をいただきお預かりします。

https://www.ana.co.jp/domestic/prepare/baggage/index.html?menu=baggage-caution

 と書かれています。(2016/05現在)

以前はサーフボードには専用の超過料金が設定されていたようですが、20155月現在は重さを超えなければ通常の手荷物と同様の扱いです。

ANAのチェックインカウンターでの対応

事前に予約窓口に電話して、サーフボードを預けることを連絡しておきました。(折り返し連絡すると言っていたのに結局預けて良いとも悪いとも連絡は来なかったのですが)

当日チェックインカウンターへ行き、サーフボードと荷物を預けようとすると

係員:「こちらのお荷物は追加の料金が発生いたしますので、別のカウンターへ・・・」

と言われ、なし崩し的に追加料金を支払わねばならなくなりそうになりました。

自分:「ちょっと待ってください。スポーツ用品は追加料金なしで良いと事前確認しているんですけど」

と伝えたら、急に

係員:「確認します」

と言った後

係員:「こちらは無料でお預かりいたします」

と意見を変更。あのままホイホイ別カウンターに行っていたらどうなったんだろう。

ANAの預け荷物に対するサービスは改善の余地あり?

ANAは事前に預け荷物の連絡しても返事は来ないし、こちらから電話しても結局返事は来ないし、ボードチャージ詐欺されそうになるし、機内食はまずいし、特別機内食は往復同じジャンル(例えば、往復ベジタリアンだけ)だし、椅子は座り心地悪いし、おまけにチケット高いし、CAさんはベテランばかりだしで良いことないです。

それにひきかえ、EVA Air はボード預ける時に連絡すればちゃんと答えてくれるし、そこそこ機内食美味しいし、往復で特別機内食の種類選べるし、椅子は普通だし、おまけにチケット安いし、CAさんも台湾美人多いし、機内で台湾映画見れるしで良いことばかりです。

海外トリップにはボードケースが必須。もしかしたらもっと良いケースがあるのかもしれませんが、私はAmazonで買ったTRANSPORTERのケースを使ってます。