何が美味しいのか聞いてみよう〜オススメは何?

Share

台湾を旅行する際に簡単な中国語を覚えておけば、現地の人とのコミュニケーションもスムーズになってより一層楽しめるはずです。

前回はお店で何人連れか伝える練習をしました。

第9回目にお届けするのはこちら

老闆,有什麼推薦的?


(Lǎobǎn, yǒu shé me tuījiàn de?)

店長、オススメは何?

*PC版だと音声再生ボタンが表示されます。スマホの場合はリンクをクリックしてGoogle翻訳の発音を再生してみてください。

どんな時に使えますか?

阿圖麻油雞の注文票

台湾のお店はとにかくメニューが多いです。また、店では好きなものを指定して店員さんに作ってもらうことがあります。

漢人が使われているので何となくどんな食べ物かわかる場合もあるのですが、大抵どんな食べ物か想像がつきません。そんな時は運を天に任せて店員さんに聞いてみましょう!!

単語の説明

それぞれの単語を少し詳しく説明していきましょう。

什麼 (shé me)

何か?  や事情を聞く場合の疑問代名詞や疑問形容詞です。

  • 有什麼東西? (何かあった?)
  • 什麼時候來? (いつくるの?)
  • 香蕉,蘋果什麼的 (バナナ、りんごとか)

推薦 (tuījiàn)

日本語の推薦と同じですね。オススメ。

会話の例

最後に会話例をまとめてみます。どんな返事が返ってくるでしょうか?

自分が欲しい商品を指差しながら言ってみましょう。

中文

あなた:哎。好多菜。

あなた:老闆,有什麼推薦的?

老闆:這個,麻油豬心湯。我們的豬心有特別的QQ口感喔!

あなた:那,就這個吧。

日本語

あなた:ありゃ。メニュー多すぎ。

あなた:老闆、何かオススメある?

老闆:これ、麻油豬心湯(豚の心臓スープ)。うちの豚の心臓は特別にQQだよ!

あなた:じゃあそれください

いきなり豚の心臓をオススメされてしまいましたが、結構美味しいですよ。たまには知らない食べ物に挑戦してみるのも旅の楽しみです。

「今言ったのください」が言えない場合、「好好好。要要要」(はいはいはい。欲しい欲しい欲しい)。だけでも大丈夫ですよ。

Twitterをフォローすれば最新の情報をお届けします

Follow @AsobuTaiwan