台湾の池上で具だくさん名物弁当を食べる~全美行池山便當

Share

台湾の台東県にある池上郷は米どころとして有名です。

日本統治時代に日本から持ち込まれた品種で米作りが今格的に始まり、以降、現地でも品種改良が進められつつ米作りが続けられてきました。

台湾の東海岸沿いを列車で旅行すると、田園風景をよく目にすることがあり山と川、田んぼを眺めていると「ここは日本の田舎か!?」と錯覚することも有るくらいです。

日本です。と言っても見分けがつかない風景

台湾の米どころ池上でお弁当

池上にはいくつか有名なものが有るのですが、やはりいちばんの押しは池上弁当です。

米が美味しいところにはもちろん美味しい弁当があるに決まっています!

お昼どきに駅のホームには列車が止まるたびに駅弁の売り子さんが大声で呼びかけ、弁当を買い求める乗客が短い停車時間に争うように目当ての弁当を買い求めます。

せっかく池上駅に降りたので、駅前にいくつか有る弁当屋さんの一つに行ってみました。

台湾の池上駅付近にはGoogleでざっと調べると

  • 全美行池上便當
  • 家鄉池上飯包
  • 池上飯包文化故事館
  • 池上多力米便當店

という弁当屋さんがあります。が、お腹が空いていたので駅前に店を構える”全美行池上便當 (Quánměi xíng chíshàng biàndang)”に飛び込みます。

なかなか繁盛していそうな店構え。

「弁当くださーい!」

台湾池上の全美行池上便當の実力を確認

「店内で食べる場合はセルフサービスでスープがつくからねー」

と店員さんに言われつつ渡された弁当。レトロなパッケージに昔ながらの薄い木で作られた弁当箱。The駅弁という佇まいです。

木で作られた弁当箱は適度にご飯の蒸気を吸収して美味しさを保つのだとか。

早速開封。

台湾の弁当でかつてないほどのおかずの充実ぶり!!下に敷かれたご飯がほぼ見えないほどで、おかずの構成は肉度が高めです。おかずは日毎に変わるそうです。

何から食べようかなー。謎の揚げ物も気になるけれどやはり肉から。うまい。こすぎない味付けがいい感じです。

食べ進めると気づいたのがご飯の上に乗っている甘辛なおかか。これは日本人好みの小技が効いています。

しっかり味がしみている滷蛋もよし、半分に切られた台湾ソーセージよし、謎の揚げ物もまたよし。さらに箸休めとしての漬物類も複数種類用意されています。

これ日本で売っても売れると思います。

満足満足。食べ足りない人は別の店へハシゴするのもありですよ。

お店情報:

住所:台東縣池上鄉中正路1號

HP/FB:HPあり

電話:089-362656

営業時間:8:00 ~ 20:00 年中無休

日本語対応:不可