台北雙城街夜市近くにある黃記魯肉飯で絶品豚足を食べる!

Share

台北のMRT雙連と中山國小駅のほぼ中間にあるこじんまりとした雙城街夜市。ここは24時間何かしらの店が開いているので、付近の商店街と合わせてなんでも間に合う便利な場所です。

その雙城街夜市付近にある黃記魯肉飯、日本でも割と有名かつ地元の人からも味が良いとの評判で御飯時にはかなりな行列ができます。少し時間を外して訪れて見ました。

イメージカラーは緑?の店頭

大鍋にかけられた魯肉がこんにちは

緑で統一された看板に赤い提灯が二つ掛かっています。店頭には煮込まれた料理が入った大鍋がいくつも火にかけられお客さんを待ち構えています。

じっくりと火にかけられる魯肉や大根のスープの大鍋から良い香りが漂ってきます。これ絶対美味しい店でしょう。

大鍋に各種料理が準備されてます

店内は最近改装したのか比較的綺麗です。初めて台湾を訪れる人でもそれほど違和感なく入ることができそうです。

店内は比較的きれい

厳選されたメニューに書き込み式の注文

台湾ではこれでもかとメニューに料理を並べる店も多く、どれが何だかよくわからずたまたま頼んだ料理が実は冷凍物だった。というような残念な体験をすることもあるのですが、この店のメニューは厳選されていてどれを注文してもハズレなし。という感じ。

メニュー数は少なめで注文も安心?

席について菜單で注文します。口頭で注文ではなく書き込んで店員さんに渡せば良いので安心です。

メニューに数量が書き込めるので安心

ここは看板料理の魯肉飯も良いのですが、がっつり肉を頂きたいということで”蹄膀肉” Tí páng ròu を注文しました。啼膀肉は豚足のことで、じっくりと煮込まれたコラーゲンと筋肉のコラボがたまらない部分と言えます。

分厚い豚肉を食べたい場合は控肉もおすすめですよ。日本の豚の角煮に似た感じのお肉が出てきます。

一緒に魯白菜(白菜の煮込み)も注文しました。

 濃いめの味付け、白菜も美味しい

しばらく待つと料理が運ばれてきました。すでに煮込んであるので出てくるまでの時間も短くて済みます。

豚足がそのまま出てくるわけではなく、煮込まれて骨から剥がれた状態でお皿に盛られパクチーとともに提供されます。

ご飯、白菜スープ、豚足煮込み

スジ肉はホロホロ、皮も軟骨もとろっとろになるまで煮込まれていて、こ、これは美味い!ご飯も進みます。

魯白菜は干しエビのダシが効いていてこちらもなかなかのお味。これだけでご飯食べられます。少し塩分濃いめかもしれないので夏場には良いかも。

たまには魯肉飯以外も食べたい場合は蹄膀肉も試して見てください。

お店情報:

黄記魯肉飯
住所:104台北市中山區中山北路二段183巷28號

HP/FB:無し

日本語対応:不可